格安にて高品質な音楽制作・作曲依頼・効果音制作の株式会社ジョーカーサウンズ

ドラム生演奏収録依頼オプション

ドラム・ベース生演奏依頼

ジョーカーサウンズで納品させていただく楽曲のドラムパートは、手作業で丁寧に打ち込みで仕上げております。
リアルなドラムに近づくように、音の強さはリズムに強弱を付け、グルーヴを演出しています。
しかし、実際のドラム演奏に比べるとリアルさに欠けてしまうのも事実です。

そこでジョーカーサウンズの作曲依頼では、ドラム生演奏オプションをご用意致しました。
このオプションでは専門のドラム演奏家にドラムの収録を依頼し、楽曲のドラムをよりリアルで人間味のあるフレーズに仕上げることが可能です。

ドラムの収録方法

実際のドラムの生音は扱いが非常に難しく、取り付けるマイクの種類や位置や向き、ドラムキットの種類やコンディションによって、音質・クオリティに差がでるケースがあります。
そこで、弊社ではプロドラマーにドラムのMIDI演奏を依頼し、演奏を収録したMIDIデータを楽曲に組み込む方式を採用しています。

MIDIとは、電子楽器を演奏したタイミングや音の強さ等を細かくデジタルで記録したもので、ドラムだけに限らず様々な楽器で取り扱われています。
中でもドラムとピアノは、他の楽器に比べMIDI収録方式のメリットが多いと考え、弊社ではこの方式を採用しています。

収録されたドラムのデータは、最新のドラムプラグインを使用し、リアルな生音をサンプリングした音源としてオーディオ化するので、まるで生ドラムを収録したかのようなサウンド仕上がりとなります。
楽曲納品後の修正や、ドラムキットの音色の差し替え等もMIDI収録ですと対応しやすいです。
ご希望のお客様はMIDI収録方式では無く、スタジオでの生音収録方式でも対応可能です。

打ち込みと違い、自然な音の強弱、リズムの揺れが発生し、リアルなグルーヴ感が生まれるので、他の生演奏オプションとも非常に相性が良いです。

ドラム生演奏収録依頼が効果的なジャンル

やはり、生音系ドラムの楽曲(バンド系サウンド)ではオススメです。
特にベース生演奏収録依頼との相性が良いです。
もし、複数のパートのうちどの楽器を生演奏にするかをご検討中でしたら、楽曲タイプにもよりますが優先度はギター→ベース→ドラムの順といったイメージを持っていただいて大丈夫です。 トランスやユーロビート、ヒップホップ、ダンスミュージックといった電子音系のジャンルの曲では本オプションは必要無い場合がほとんどです。

ドラム生演奏収録のデモ音源と制作費

プラン名 OP適用前 OP適用後 価格
ドラム生演奏
¥20,000

※消費税が別途発生します。